アドマイヤムーンの軌跡

アドマイヤムーンはサムソンより強い!アドマイヤムーンの記事や動画を集めました
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 “西高東低”と呼ばれるようになって、どれぐらいの時が経過したでしょうか。今週の弥生賞、古くはミスターシービー、シンボリルドルフなどの関東馬が、のちのクラシック制覇に向けステップとしたレースでした。しかし、ここ15年は関東馬がわずかに2勝。スペシャルウィーク、ディープインパクトなどの関西馬が、ここをステップにクラシックを制しています。

 “西高東低”となった一因は、栗東に坂路が登場したことが大きいでしょう。
最新競馬情報は・・・【新品】【インド翡翠】【受験:ギャンブル】【天然高級インド翡翠(グリーンアベンチュリン)高...
栗東に遅れること8年、美浦にも坂路が設立されましたが、自然の勾配を活かした栗東に比べ、美浦の坂路は人工のもの。馬に掛かる負荷がまるで違うわけです。

 輸送の面も“西高東低”の一因として挙げられます。高速道路の整備により、栗東から府中や新潟に行くのは便利ですが、美浦から阪神や小倉に行くのは不便なのです。栗東から京都は目と鼻の先ですが、美浦から中山でも結構輸送時間は掛かりますからね...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース
メモリアル蹄鉄
 兵庫県尼崎市の園田競馬場で、アドマイヤムーンをコースまで先導する誘導馬「ホワイトラマン」がデビュー後1週間足らずで右後足骨折のため休養すると、県競馬組合が5日発表した。

 ホワイトラマンは18歳の牡馬で、先月26日にデビューしたばかり。人間にたとえると72歳で、高齢を考慮し1日に1~2レースの予定だったが、28日までの3日間で計15レースをこなした。

 今月2日、調教中に右後足を引きずっているのを職員が見つけ、骨にひびが入っていることが判明。数カ月休養する見込みで、同組合は「年齢を考えず、張り切りすぎたのかな」と苦笑い。

【関連記事】
競馬で賭けた100円が2億円に 受け取りにこず
美浦で馬インフル、ゲゼルシャフト他5頭陽性
【大変だ!】小島太一騎手、検量寝過ごし騎乗停止に
未検査の飼料添加物を使用 ばんえい競馬で競走除外
(引用 yahooニュース
株式情報・競馬中継をワンタッチで★クリスタルラジオ AP6-788SC
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。